HAPPYの非日常茶飯事な日々

日々の川柳や和太鼓などについて語ってまいります。

春のコンサート無事終了

神奈川公会堂で土曜日に行われた春のコンサート無事に終わりました。

一部津軽三味線、二部和太鼓という構成で演奏は午後からですが、9時半に器材搬入、リハ1時間。

ホールでの演奏は本当に久しぶり、音響や照明との段取り打ち合わせもけっこう手間取りました。

チャッパを使い二人で音のやりとりをする自称チャッパでキャッチはスポットライトで音の行方を追う演出なんですが照明さんにとっては初めてなのでこれがなかなかうまく行きませんでした。

 

コロナ禍で開催断念していたとの事ですが、約500席の観客席はほぼ満席、皆さん演奏を楽しんでおりました。

 

幕開けは「感謝」。太鼓に感謝、太鼓で感謝、出会いに感謝、感謝の気持ちを込めて。

二曲目「虚空(そら)」。心を無にして演奏。締め太鼓座奏のパート1、締め太鼓と長胴太鼓のセット打ちのパート2の構成。

三曲目「まつり」。はじけて演奏、おかめひょっとこの踊りも。

ここまで演奏して観客の拍手が本物である事を実感、こちらもますます乗らざるを得ません。

4番目に観客とのコミュニケーションをはかるために太鼓クイズを挟んだりして器材紹介、それぞれの楽器の音を聴いてもらいました。

その流れで観客に三々七の手拍子を練習してもらい、

5曲目の「応援太鼓」の演奏につなげます。

6曲目、「ぶちあわせ太鼓」。練習不足があちこちに見えてしまいましたが観客のあたたかい拍手に救われました。

最後7曲目「勇み駒とんばね太鼓」、横打ちを採り入れた和太鼓深沢バージョン。

演奏が終わりほっとしているところに司会者からアンコールの要請が。

 

日頃練習している時、あり得ないけれどアンコールが来たらどうしよう?と話していた事があり、その時は打ち馴れている「勇み駒」を打てばいいんじゃね、という事にしました。

今回はその通り「勇み駒」を3回しやってアンコールに応えました。ぶっつけ本番でも問題なく打てるような曲を持っているのは大事ですねえ。

 

という事で1時間弱の和太鼓演奏、無事に終わりました。

 

この日はまともな反省会もできなかったのでライン上で反省する事を伝えました。

 

和太鼓基礎練習

埼玉の高齢者チーム、月に1回指導におじゃましています。

16分の基礎打ち練習を見せてもらいましたが、残念ながら効果的なものとは言い難い練習でした。

打ち馴れるというのは大事な要素の一つですが、目的を持って行わないと向上して行きません。

まずは均等な音が出ておらず、右手の音が強い。

大きな音を出そうという意識はせず、小さな音で構わないのでカウントはしながらフラットに打つ事を目標に掲げるよう伝えました。

 

練習している音を聴いているとアクセントがついています。カウントをしながら打つのは重要ですがそのカウントが音に出ちゃってます。

1234567812345678・・・

心でカウントしながら手は機械的に打つ、の練習が基礎力を高めます。

フラットな打ち方ができるようになったら次の段階ではアクセントをつけて打つ練習に入ります。

 

さて、16分の練習はあまり効果が望めないやり方だったので練習方法を提示しました。

1 2 3 4 5 6 7 8を右手だけで打つ。

テンポは120くらい。

慣れたら打っている右手に左手を加える。

1・2・3・4・5・6・7・8・

この「・」が左手。

これを繰り返す。

1 2 3 4 5 6 7 8

1・2・3・4・5・6・7・8・

1 2 3 4 5 6 7 8

1・2・3・4・5・6・7・8・ 

右手は常に一定のリズムを刻みます。

左手が入っても紛らわされる事なく一定のテンポで。

 

慣れたらテンポアップ。

細かいフレーズを打てるように手の訓練をして行きます。

 

次回までに動画を使っての練習メニューを作る事を思い立ちました。

月ごとの1年の目標を決め、それに則って練習を行うようにするとわかりやすいかと思います。

脚光を浴びたのは

WBC頂上決戦で日本がアメリカに勝利し世界一に。

日本の野球が世界に立派に通じる事を世界中に発信しました。

侍ニッポンの選手たちの礼儀正しい立ち居振る舞いも世界にアピールしたものと。

サッカーワールドカップの会場のゴミ拾いをしていた日本人の姿も世界を驚嘆させました。

柔道でも勝っても負けても相手に敬意を払う姿勢は日本の精神文化として高い評価を受けております。

 

昨日の新聞の朝刊トップは岸田首相のキーウ訪問、夕刊トップは侍ジャパン一色。

テレビでも侍ジャパンばかりが脚光を浴びて岸田総理の影が薄いの薄くないのって・・・。

話題作りにはタイミングが重要といういい例かも知れません。

 

話題では 野球の勝ちし 外交に

和楽器講座成果発表会を終えて

春分の日の3月21日、和楽器講座の成果発表会が鴻巣伝統文化芸能館で開催されました。

和太鼓5講座、篠笛、尺八の各講座の受講者と講師が参加、約1時間半に渡りそれぞれの講座の成果発表が行われました。

 

リハ時に気が付いた事

①観客席の最前列は椅子ではなくマットを敷いて座れるようにした方がよい。というのは会場が縦長で、全部椅子に座られると前の人が壁になってよく見えないから。

②ビデオ撮影席が最後部に設定されていたが、やはり人垣で演者の姿が殆どけられてしまう。仕方がないので金属の棚の上に三脚を置き撮影した。

③尺八講座でテーブル越しに演奏しようとしていたが、テーブルは引っ込めてもらった。

講座の時には物を置くためにテーブルを使っているとの事だけれど、ハレの舞台にテーブルは邪魔。管も見えないし、譜面台越しに演奏するのが発表会に相応しいと思える。

 

本番で気が付いた事

①2人バージョンのぶち合わせ太鼓をやっていたが見え方がおとなしい。

ダイナミックな演奏をするのならドドーンドンドンのですが、ところ、右左右左で打つのではなく、左右右左で打つと動きが出る。

ぶち合わせ太鼓は原曲がガチガチに決まっているわけではないので、アレンジが可能。

また2人での演奏は限界に挑戦という感じで興味深く拝見しました。掛け合いを入れても成立すると思いました。

今度機会を設けて2人バージョンを研究してみたいと思います。

 

②成果発表会は日頃の練習の成果を発表するのが目標ですが、やはり見せる聞かせる要素は大事かと思いました。

演奏して楽しむ、というのは必要ですが、それを見ても楽しめるようにする。

和太鼓は「演奏する」のと「鑑賞する」という二つの要素があるように思います。

これに参加するという要素を加える事もありと思います。

 

成果発表会はそれに向けて頑張るという目的意識が生まれ、とても良い効果を発揮します。

今回初めての試みでしたが、とにかくやることでそこからいろいろ見えてくるのが貴重です。

和太鼓初心者ワークショップのためのワークショップ開催

指導方法研究室主催で「和太鼓ワークショップのためのワークショップ」を行いました。

 

和太鼓初心者を対象にした60分のワークショップを実際に体験します。

会場にはテレビモニターとノートパソコンを持ち込み、今まであちこちで開催した内容をパワーポイントにまとめたものに従って進めました。

実は課題もあり、その解決方法を皆で検討したいという目的もありました。

 

テーマは「ドンドンそーれ!を打って見よう」に設定し、準備運動からソロを含めた曲演奏まで一通り行いました。


課題は下拍子をトッコトッコという跳ねるリズムにしていますが、初心者にはこのトッコトッコがトコットコッになったりでなかなかハードルが高いようです。

 

指導員からはいくつかの案が出されましたが、その中で保育園で教えている指導員から「ラッコラッコ」でやっているという報告がありました。ラッコはかわいいので子どもたちにも人気な動物、口唱歌でラッコラッコラッコラッコと言いながら太鼓を打ってみる。

このアイディアが一番ストレートでわかりやすいかもです。

これは収穫でした。

これに加えて、パッカパッカと馬の走る格好で体操をして、パッカパッカを太鼓で打って見る、というのも試してみたいと思います。

 

ドンドンそーれ!ではグーパーで太鼓を打つ、という動きも確認しました。

これに関連して和太鼓極意体操~応援太鼓もサブメニューとして皆に体験してもらいました。

時間内に、ドンドンそーれ!の横打ちにもトライしました。

八丈太鼓風に打ち回して行くパターンを体験、寄せ太鼓でも使えそうという声が上がりました。ソロの打ち回しを楽しみました。

 

和太鼓初心者のワークショップ、今後そういう機会があった場合、今回参加のメンバーが内容を理解してくれているので強力な助っ人になってくれると思います。

まずは知っておく事、大切に思います。

 

ウラヤマシイ国

ロシアプーチン大統領に逮捕状、冷静に考えると彼がやっている事は戦争犯罪に当たると思われます。

ウクライナに攻め入り、武力で制圧した地域から子どもたちを強制的に連れ去り(ロシアはこれを保護とのたまわっている)、ロシア国内でロシア教育を行い洗脳しようとしている。

 

人権団体によりウクライナの親元に連れ戻された子もいるけれど、数百人単位で子どもが拉致されているもよう。

 

やっている事が無茶苦茶でござります。

 

当のプーチン愛国心、同胞愛という権力者に非常に都合のいい言葉で国民を内向きに誘導して保身をはかっております。

 

日本も「進め一億火の玉だ」と愛国心に燃えていた時代がありました。

 

そんなアツい時代を彷彿とさせる大ロシアプーチン帝国、ウラヤマシイ国?

否、プーチンのおかげで何十万人という普通の人々が命を落としています。

立派な戦争犯罪人でありましょうて。

 

 

スバラシイ国

ミサイルは 飢え凌ぐには 役立たず

 

お隣の北の国はなにかとミサイルをぶっ放します。

ミサイル一発は決して安いものではないはずですが、お構いなし。

一方で農村部や都市部でも餓死者が出ているとか。

偉大な指導者は小太りの娘を連れまわしているようだけれど、自分も二重顎で栄養が行き届いているよう。

 

世襲の権力者、喰いたいだけ喰ってミサイルぶっ放し、国民は飢えにあえいでいる、そんなスバラシイ国!

とにかく拉致者を返しなさい。